top of page
検索
  • 執筆者の写真RYOHSUKE NISHI

在ベトナム日本人向け「VETTER」の表紙を飾らせて頂きました!

皆様、いつもお世話になっております。

Nexus Vietnam Asia 西 良介です。


先日、在ベトナム日本人向けフリーペーパーの「VETTER」さんから取材依頼があり、動画インタビューと表紙を飾らせて頂きました!


VETTERさんとはOISHIX創業者の吉田 卓司さんからご紹介を受け、弊社の業務内容に興味を持って頂き、ご縁を頂いたという流れになります。



2023年4月から営業開始し、まだ1年経っておりませんが契約企業は100社を超え、順調なスタートとなりました。

本当に皆様のおかげだと感謝しております。


タイに10年以上住んでいた為、正直ベトナム生活で驚くことはなく、毎日が快適です。

ベトナムとタイの違いを多少は感じますが、東南アジアという意味では似てる部分も多く、順応するにはそんなに時間は掛かりませんでした。


40代のテーマを「ちょっと早い恩返し」に決め、自分が最もお世話になった飲食業の方に貢献をしたいという気持ちからNexusに入社し、日々街中をバイクで走って配達しております。


人生で3社の会社を立ち上げ、今回で4社目の立ち上げ。

時代の違いはあれど、学んだもの・経験は大きかったです。


最も気にしたのは「スモールスタート」で始めること。


営業、経理、在庫管理、オーダー管理、配達などが業務となりますが、


まずは「何を外注するか」を決め、「何を社員に任せるか」を決め、組織図の構成→採用活動と動きました。


前職はマーケティングでしたので、営業はデジマの力を借りれば人は必要なく、無駄な営業人材の採用は必要ないと考えました。


配達もできるだけ自分で行い、どうしても行けない場合はGrabにアウトソースという形です。


それなりの結果を出せたと思いますが、社員は自分を含めても4人しかいません。


競合に勝つにはまずプロダクト力を上げること。


それは品質、物量、対応、価格です。


そのために会社の損益分岐をギリギリまで落とし、大手競合と違いを出すしかないと考えています。


来月から2期目に突入です。

インスタグラムや友人からの情報を集め、何が日本やタイで流行っているのか?を勉強し、いち早くお客様に新メニューの提案ができる状況を作っておきたいと思います。


良い振り返りになりました。

改めてVETTERさん、ありがとうございました!


インタビュー動画はこちら↓

閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page